ロンドンのお店、施設

テムズ川の下を通る地下トンネル「グリニッジ・フットトンネル」

Isle of DogsとGreenwichの間にはテムズ川が流れているが、その下を通るトンネルの地下道がある。 昨年この半島?に住んでいたときに散歩がてら行ってみた。使用料はかからない。 らせん階段とエレベーターがあ...
グルメ

イギリス自己隔離でWaitroseデリバリーを利用する際の注意点、おすすめのもの

隔離期間用に、日本からレトルトのごはんやおかず、そうめんやツナ、海苔、カロリーメイト、プロテインやビタミン剤、甘栗、お菓子などを持参(肉類やチーズなどは持ち込み禁止とされているので注意しよう)。水と果物は宿の提供があるので、あとは中華のデ...
必要な知識

イギリス入国で旅行検査パッケージを使うのにフライト選び、宿選びから調整が必要なワケ

2021年9月16日現在、日本はトラフィックシステムでアンバーに分類されているので、イギリス入国当日を0日目として10日目まで隔離するうえ、2日目までと8日目以降にPCR検査を受ける必要がある。早期隔離終了をしたい場合は、さらにお金を積ん...
必要な知識

体験から語る、イギリス入国旅行検査パッケージおすすめのタイプ

結論から言うと、day 2 とday 8の基本セット、そしてday 5のtest to release、すべて検査会場に出向くのがベスト。 検査会場に向かうためなら公共交通機関の利用は避け、徒歩などが推奨されているが、禁止はされてい...
Airbnb

イギリス自己隔離用の部屋探し:貸切物件 vs ゲストハウス

宿泊施設の値上がりがすごい 入国後に10日間隔離する間の部屋は、貸切ではなく、ゲストハウスのような物件でもOKとされている。 Booking.comとAirbnbを見ると、いまは観光客が増えているせいか、全体的に価格が高騰。昨...
必要な知識

イギリスで自己隔離中に濃厚接触が判明した場合のday 8 testの取り扱い

フライト中の濃厚接触があったうえ、day 2のテストキットが宅配業者のトラブルで引き取りが8日目になり、日が経ち過ぎていたせいか、day 2のPCRテスト結果が判定不能だという非常にトリッキーな状況におかれた私。 再テストで隔離延長...
必要な知識

ゆうパックで!英語の陰性証明書が取れるPCR検査会社

日本出国の前日までの3日間(出国が土曜ならその前の水曜~金曜)の間に検査を受けて、陰性証明を持参する必要がある。 この陰性証明書は持参が必須の割に、イギリスに着いてから誰にも見せるチャンスがない。 口頭では陰性だったかNHSと...
グルメ

海外ノマドにもってこいのアイテム、フリーズドライの粒みそ

フリーズドライで顆粒状になった「みそ」の存在を知ったのがこの夏。 発売は年初だったようだが、知ったときに、絶対イギリスに持っていこうと思った。ロンドンのスーパーでもみそは買えるけれど、フリーズドライの便利さに魅力を感じた、 勝...
グルメ

イギリスのおすすめデカフェコーヒー豆(粉)

前回の滞在時にハマっていたのが、こちらのコーヒー。 TAYLORS のデカフェ。スーパーにはローストレベルが3~5くらいのものが並んでいたように記憶しているが、4なので、焙煎時間が長めでコクや深みのあるしっかり味。 ...
必要な知識

ライターが小規模事業者持続化補助金・一般型の採択者に

「小規模事業者持続化補助金」は、個人事業主を含めた小規模事業者が販路開拓や業務効率化をすることで事業を持続させることを目的とした補助金だ。おもに宣伝費として使うことが多い。 この制度はコロナ禍において政府に大々的に宣伝されるようにな...
タイトルとURLをコピーしました